子供じゃないもん'17

生きるって超せつない

木綿のハンカチーフ


いいえあなた

わたしは欲しいものはないのよ

ただ 都会の絵の具に

染まらないで帰って

染まらないで帰って




知らない人だらけの都会のど真ん中で

ふたりだけが知ってる世界を歩いて

「じゃあね」も言わずに

ぶっきらぼうに去っていく

昔とちっとも変わらないあなたの背中を

しばらく見つめていた2年前の秋ー





私にも華のJK時代ってのがありました。


毎日朝早く学校に来て、

みんなとおしゃべりして

授業中うっかり寝ちゃったりなんかして

四限目が終わると購買に駆け出して

放課後は部活で木の低い音を鳴らして

長い下り坂を、みんなで歩いて帰った。


クラスも部活もちがうたくさんの人が

最後の汽車に乗り込んで、

私は当時好きだった彼の存在を気にしながら

友達と今日のできごとを話した。


遠方から通うサッカー部の彼に

自分が降りるときに

「じゃあね」

と言うのに、いつも勇気を振り絞った。

彼はいつも片手を少しだけ挙げて

ッス、と小声で呟いて応えてくれた




高校に入学して初めてのクラス。

はじめは目つきが悪くて、

拒絶されてるようで、

こわくて話しかける気にもならなかった

たまたま一緒の委員会に立候補して

たくさん話しかけるけど、

なかなか心を開いてくれなかったね。


ある日、彼が銀杏BOYZを好きなことを知って、世界の輝きが増したのを覚えてる。

いつも教室の隅でお弁当を食べるときに

君がしているイヤホンから流れてるのは

それだったんだ。ふぅん。うれしいな。


そうやってだんだん惹かれて、

友だちとのお泊り会で、電話して

私から告白したんだっけ。

「がんばれ!いけいけ!」なんて

そばで友だちに励まされながら…


告白の返事は「おっけーよ!!!」

あっちもお泊り会中で、お互い大爆笑。

私は嬉しくて泣いてたっけな。



付き合ってすぐの私の誕生日には

ポッキーと、銀杏BOYZのCDを焼いてくれた。

プーさんのメモ帳に、

丁寧に曲目が書いてあって、

わたしはこの人と付き合えてよかった!って

とっても喜んだのを覚えてる。

彼は「そんなにうれしい?こんなんで申し訳ないよ…」なんて言ってたけど

私は本当にその時嬉しくて、舞い上がってたんだよ。



冬休みに入って、毎日のようにデートした

初めて私の最寄駅から彼の最寄駅まで

知らない道を車窓眺めながら行った時、

毎日この風景をみてるんだって思って

たまらなく愛しくなったのを覚えてる。


手をつないで散歩して

抱きしめあって、キスして

少しずつくっついていったね。


2人で朝まで長電話した日には

次の日眠くて仕方なくて。

授業中つい居眠りしちゃったとき

後ろに座ってる彼からメールで

「寝てるでしょ(笑)あーもうかわいい。」

なんて言われちゃったりなんかして、

幸せすぎて脳がとろけて

完全なアホになっていたなぁと思う。



彼は透き通った茶色の目をしていて

その目に全て見透かされそうで

いつもドキドキしてた。

周りに流されない軸を持ってて

努力を怠らない、真面目な人だった。

優しくて、ちゃんと私を

大切にしてくれてるのが伝わってきた。

だいすきだった。愛してた。




そんな幸せな日々も長くは続かなかった。

しかもそれは突然やってきて

恐ろしい巨大な力で

私たちから想像できないほど

たくさんの大切なものを奪って

何もかも変えてしまった。






海と花束

伝えたいことなどとっくのとうにない!
錯覚起こしてる、ただそれだけなんだ!

ひっそりと飲んで、ひっそりと拉致。
そしてひっそりと夜街をドライブして
ひっそりとおやすみ。


人の気持ちを考えろとか
思いやりを大切にとか
そういうことはとても大事で
わたしは何よりもそれを最優先で生きてきた

でも、もうそればっかりじゃ
自分が壊れちゃうことがあるって
22歳と2ヶ月にしてやっとわかったのです。
誰だって最後には自分が大事だと思うの
性格悪いみたいだよね、、、
でもこれってわたしにとっては大!発!見!
だって傷ついてしまうもん。
自分がすりへっていくのがわかる。
それじゃだめでしょ。しんじゃうよ。
もう楽になっていいんだよ。
自分で自分にいわなきゃ、
誰も言ってくれないよ
あなたが我慢するその1つ1つは
あなたが誰にも気づかれないように
やさしさを与えてるということを
気づかせないっていうやさしさだから
最大級のやさしさだから

ほめてあげて。気づかないのが悔しいな。
よくがんばったよ、いつもありがと。



今日は寂しそうだった君を
ほんとは抱きしめて眠りたかったよ
でもよく断ち切った
えらい!!がんばったわたし!!
あしたもがんばるぞ。

ハッピーエンド

 

それでハッピーエンドなんだ

ハッピーエンドなんだ

本当にうたいたいうた

君にはうたっていてほしいんだよ

 

どうせどこにも行けなのなら

ずっとここにいてもいいんだよ

 

 

ハッピーエンド/andymori

 

 

 

 

 

 

 

どんなに苦しくても

どんなにダメなときも

全部肯定してくれるandymoriが大好きだ〜。

 

 

最近はなんだか幸せなことばっかりで、

それがどのくらいの幸せかというと、

この後なにか悪いことが起こるんじゃないかって

心配になっちゃうほどで、

 

 

でも、本当にちょっと悪いことは起きたね。笑

幸せの大きさには勝てないのだけど。

 

出勤簿出し忘れていたり

家賃とかバス代もろもろの支払いを忘れたり

お腹が痛くなったり、

ゼミに遅刻しちゃったり、

嫌なものを見てしまったり、

駐車違反の違反金と点数でパパに怒られたり。

 

結構あるな。笑

 

 

でもね。

早起きに成功したし、

おいしくておしゃれなフランスのチョコレートを

ゼミの大好きな先生にもらって、

「文章書くのうまい方やな」って言われたり、

演習室でみんなと会えたり

友達とちょっとだけ一緒に歩いたり、

晩ごはんにビュッフェを食べたり

(ダイエット中なので極力野菜)

見たい映画をたくさん借りれたり

友達が私の幸せを心から喜んでくれたり

ゆっくりお風呂に入って、

ためていたドラマを見て、

久しぶりにネイルして、

あったかい布団で今から寝る

 

 

ほらね!幸せの方が多い!

 

幸せは見つけたもん勝ちだし

幸せをいっぱい感じて生きていきたいな。

 

 

今日は好きな人に会えなかった、会いたかった…

でもね、1日離れて見て、やっぱり好きだな、と思った。

いっぱい好きな人のことを考えて、これもまた幸せ。

 

 

明日は早起きして朝ごはんにパスタを食べるんです。

ネギものせちゃおっと。

卒論やって、アンカーコーヒーのブレンド飲んで、

それで学校に行くんだ!提出!

そしてバイト!

この世界の片隅に」みようかな。

評価4.5だしな。レイトショーみよかな。

 

 

 

パソコンから初めての投稿で書きすぎた。

 

 

ネイルが渇いたので、おやすみなさい。gooooooood night